October 21, 2011

ミシュランシリーズ ① Fujiya 1935


創作多皿料理「Fujiya 1935」さんの後半です。




子持ち鮎を頭から食べられるのは、10月中旬くらいまでらしいです。
鮎のペーストは、ほんの少しの苦味を残したフジヤさんらしい技法です。
生の落花生もとても美味しい~

IMG_5711


パスタペンネッテ 渡り蟹とミモレット
トッピングはだだ茶豆。
 
IMG_5714


インカの目覚めは、可愛く丸められて。

IMG_5715

パンタード 舞茸 
プレス産のホロホロ鳥
美しい盛り付け。

IMG_5720

洋梨のメレンゲ

見た目よりかなり繊細で、手でいただきました。
お菓子作りも上手なお友達は、シェフに色々専門的なご質問をされてました。


IMG_5722


珈琲とラム酒のゼリー。
栗は皮も燻されて提供され香りともに。

IMG_5723

出来立ての生チョコレート

メロンとパセリのジェラ—ト ミルクのパウダーは、撮り忘れです

全体的に素材の持ち味が生かされた楽しい要素のお料理でした。

今回の三ツ星おめでとうございます。


kominka7 at 00:47│Comments(2)TrackBack(0)中央区 晩食 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ERIKA   October 21, 2011 12:04
いきたーい!と言っていた「ほうば」さん。
ミシュランに入りましたね~☆
人気がUPして、しばらくは入れなさそうで、
ちょっと残念です。
でも、ぜひぜひ行きたいです♪

Fujiya 1935さんもすてきですが、
敷居が高すぎて、もう少し大人にならないと行けない感じ・・・
お料理はもちろん、出来立て生チョコもきになって
ブログを読んでいると仕事が手につきません☆
2. Posted by ぶらりん   October 21, 2011 14:26
ERIKAちゃん、こんにちは。
ほうばさん、かなり予約を取るのが困難かもですね。少人数や、遅い時間なら取れるかもしれませんね。日にちが合う時にでも
Fujiyaさん、ランチに行かれてはどうですか?夜に近い品数が出るようですよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字