October 19, 2011

ミシュランシリーズ ① Fujiya 1935  前半

IMG_6253

ミシュランの発表があった夜に
野口太郎さんにお会いできたので、発売前のガイド本を見せていただきましたw

野口太郎さんおめでとうございます


長い間さぼっていたブログですが、ミシュラン繋がりで
今回、三ツ星に昇格されたFujiya 1935さんでのディナーです。

しばらく今年の夏以降訪問しました ミシュランのお店をUPしていきますね~

IMG_5674

IMG_5678


リニューアルされて一階は、キッチンと待合室。

水のオブジェで来客をお迎えします。

こちらで出されるジンジャー風味の飲み物、
器は高槻ご出身の若き陶芸家 青木 良太さん。
土岐市に拠点を置き、クラフト展でも数々の受賞をされています。


IMG_5672

お食事は二階でいただきます。
テーブルの香草も素敵IMG_5680


スタートはグラスシャンパンから・・・・w

白い小さな封筒からは、イチョウ型をくりぬいたチーズで作られたチップス。
シェフの遊び心が楽しい一品。

IMG_5685

IMG_5683


オリーブのパンはスポイドのオイルをかけて。
きのこがとても可愛いくて食べるのがためらわれます。でも食べると美味しい。

別の木皿には、トリュフボール
IMG_5688

燻された銀杏。

IMG_5689

 白ワインもグラスで。

IMG_5694

気泡をたくさん含ませた栗のパン


IMG_5698

とても甘いバターナッツかぼちゃ、その上澄み、
キャビアの塩分のみでいただきます。

IMG_5701

シュクレのパンは、保温に優れた木の箱に入れて提供されます。
バターは燻製され、たまねぎのチップとローズマリーがのせられていました。

IMG_5699

IMG_5708

ル クルーゼのココットには、焼かれた鱧とピューレ状のたまねぎ。
優しい香りとお味がするコンソメを注いでいただきます。


IMG_5706


この後のメインのお料理は後半に続く・・・・・ですw

kominka7 at 10:24│Comments(0)TrackBack(0)中央区 晩食 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字