June 14, 2010

日出鮓


ワインに精通された若きご主人がにぎるお鮨をいただきに 京都までおこしやすをいたしました

女史3名での訪問どす。

私ともう一人のYちゃんは、初訪問です。
何度かこちらに来られている 美しいお方のご案内があればこその 今回の企画です。

ほんまに おおきに

IMG_5973

煤竹のお箸の先は、限りなく細~い

IMG_5974

にんじんの葉のおひたし。

IMG_5983

生のとり貝は、さっと炙られています。季節物です。大好物
 味付けされた貝柱

IMG_5987

蒸し鮑、たいらぎ貝、まぐろの脳天の炙り

IMG_5988

しゃきしゃき感が、たまらない何種類ものきのこ
とりわけ旨きは、花びら茸

IMG_5995

鱧の焼き霜

IMG_5991
 
食べやすく盛り付けされたさざえのから揚げ

IMG_5997

ワインはこちらです。
 
ドメーヌ・デ・シェゾー
グリオット・シャンベルタン 1986

エティエンヌ・ソゼ
 ピュリニー・モンラッシェ・レ・フォラティエール 1993 
 多分、4月のアンフォラさんのワイン会で、ソゼの1992を飲んだような!?

真ん中のボーヌ 1976

ドメーヌ バランだったかな??

ワインは、お値打ち価格の設定。

IMG_6028

にぎりです。もう説明は要りませんよね~

こちらのお鮨は、ネタによりシャリを変えられているようです。
 
仕事のされたネタは、どれも美味しくいただきました。この方の煮ハマグリを食べてみたいですね~


IMG_6002

IMG_6005

IMG_6008

IMG_6009

IMG_6013

IMG_6015

IMG_6019

IMG_6020IMG_6033

ワインの種類も豊富でお鮨との相性はGoodです。

日々研究をなさっているのでしょう。

食べログは、こちらから

http://r.tabelog.com/kyoto/A2605/A260503/26000293/dtlrvwlst/782270/



kominka7 at 01:15│Comments(0)TrackBack(0)ぶらり京都 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字